• 海外事業投資
  • 国際金融投資
  • 海外不動産投資
  • 無料個別Mail相談
WEB限定 PICK UP! グローバル進出サポート 事業投資 金融投資 不動産投資 あなたに合ったプランを無料個別メール相談受付中!
HOME > 海外事業投資 > 海外進出サポート

海外進出サポート

シンガポール法人  ~成功パターン別組織選び~

進出サポート SUPPORT 海外進出をスムーズに実現させるため、 HISでは、具体的なソリューションをご提案しています。
事業投資形態パターン

シンガポール進出の事業投資形態パターンは下記から選択できます。

  • 1.法人 個人経営会社(Private Limited Company)
    ※個人株主20名以下(法人株主禁止)
    公開会社(Public Company) By Shares(株主50人以上または法人被所有)
    By Guarantee(公益法人、NPO)
    外国法人の支店(Branch of Foreign Company)
  • 2.個人事業 Sole-proprietorships(個人事業主1名) Partnerships(2名から20名までの共同事業)
  • 3.有限責任組合
    (Limited Liability Partnerships)
  • 4.組合(Limited Partnerships)
  • 5.駐在員事務所(Liaison Office)

法人設立のススメ

法人設立のススメのイメージ

法人設立には上記のように個人オーナーの出資によるプライベートカンパニーと多数の株主の出資や法人の子会社としてのパブリックカンパニーがあります。設立初期期間の税制優遇制度を考慮しますと、日本人が現地でビジネスを開始するのは、プライベートカンパニーをお薦めしています。よく、日本の会社の子会社として設置したいというご相談を受けますが、税制の差により、当初、日本のオーナー様個人の出資によりプライベートカンパニーを設立され、事業が順調に起動した後に、日本の子会社化へ組織変更することをお薦めしています。このプライベートカンパニーは、会社商号の最後に、Pte. Ltd.と付されます。

シンガポールでは、法人設立の登記は、Accounting And Corporate Regulatory Authority(ACRA)という役所に申請します。まずは、ACRAのWEBサイトで、会社名と業種を名乗り設立許可申請をします。日本の以前の類似商号調査のようなものです。そして許可が居りますと登記手続きができます。株主は日本人だけでよいのですが、役員とセクレタリーは、必ず最低1名ずつ、現地居住者が必要です。このため、シンガポール居住者の該当者がいらっしゃらないという場合に備えて、当社ではNominee(名目上のシンガポール居住役員とセクレタリー)を備えています。

オフショア法人 -BVI法人-

英領ヴァージン諸島
オフショア法人 -BVI法人-のイメージ

オフショアカンパニーの中でも、当社ではBritish Virgin Island(BVI)を拠点とするシェルフカンパニー(既に設立され棚卸されている会社を販売)をご用意しております。BVI法人についての解説は次の通りです。

シンガポールの会計・税務

制度の概要

資金調達 -まずはACRAへ!

IPO支援 -誰にも教えたくないスポンサー金融機関との付き合い方

マーケティング

Hideaki Ishida

BTJ税理士法人 東京事務所
〒108-0074
東京都港区高輪2丁目15番24号ASP高輪ビル4階

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2011/11/30

海外進出や国際金融投資、海外不動産投資はお気軽にご相談を!